読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One stepS

たくさんの一歩ずつで前進あるのみ!

三女のアレルギー対応クッキー

f:id:OneSteps:20161125092144j:plain

三女のおやつ、市販のものでも十分満足しているのですが、久しぶりにクッキーを一緒に作ろうと思い、色々なレシピを参考にしつつ、作って見ました。

 

目指したのは、オランダでシンタクラースの時期に出回るkruidnotenのようなもの!

見た目は上手くいきましたが、食感は硬いそばボーロかな。でも、もう何度か作っています。

もうすぐ2歳になる三女のために、咀嚼訓練を兼ねたクッキーです。

材料にアーモンドミールを使用しています。これも、今まで使用するのを避けていましたが、試してみよう!!ということでできました。

 

硬めのクッキー レシピ

<材料>1cm程の大きさのクッキー40個くらい

 米粉 大さじ5

 アーモンドミール(アーモンドプードル) 大さじ5

 タピオカ粉(片栗粉) 小さじ1(無くても可)

 砂糖 大さじ3(お好みで加減可能)

 ココナッツオイル 大さじ1/2

 ベーキングパウダー 小さじ1/2

 バニラエッセンス お好みで

 シナモン お好みで

*水 大さじ1.5程度(米粉の種類によって量が変わります)

 

<作り方>

オーブンを150度で予熱開始します。

②*以外の全ての材料をボール又は、ビニール袋にいれます。

水、大さじ1を入れよく混ぜます。生地が耳たぶより少し固めになるまで少しずつ水を追加します。

③生地は直径1cmくらいに丸めて、クッキングシートに並べます。

④150度のオーブンで10分程焼いてきつね色になっていれば出来上がり。オーブンに段がある場合は、下段が良いと思います。

※ご家庭のオーブンによって焼き時間など調節して下さい。

 

タピオカ粉もしくは、片栗粉を入れると食べ終わりがたまごボーロのようになります。悪くいうと粉っぽい感じです。有り、無しどちらでも大丈夫なので、好みに合わせてもらうといいと思います。

・砂糖と水を減らしてジャムを入れたりしても美味しいと思います。

・カカオ、紅茶の茶葉などを入れてもいいと思います。

 

米粉はMarkthalの華南行の日本食材コーナーで日本の物が売っていました。

以前タイの米粉を買ったのですが、においがだめで使えませんでした。

アーモンドミールは近くのスリナムショップで購入しましたが、Jumbo、Albert Heijnでも売っていました。

タピオカ粉はAmazing Orientalで購入しました。

 

三女のアレルギーが発覚してから、お菓子作りから遠ざかっていました。

三女も大きくなり、料理も好きそうなので一緒にできるお菓子を中心に今後は色々作ってレシピも残していこうと思います。